生活

最近気になる、加齢。若い時には考えなかった。

もう、タイトルの時点で、「自分は若くない」という宣言を
しているようなものですが。。。

実は、ずっと自分は若いと思ってました。最近までは。

気持ちが若いという、若さはこれからも持ち続けていくものと思うのですが、年齢とともにくる加齢に逆らってまで、自分は若いつもりでいたのですが、もうそうじゃないんだなということを日々実感しています。

日本に住む友人からは最近老眼鏡を作ったという報告をもらいました。

例えば、この1年間で白髪と抜け毛が増えました。年齢を考えれば当然で、30代の頃から白髪のある友人もいるので、今更な感じですが、年取ったんだー。と実感させられました。肌も、プルっとした感じはもうないし、夕方になると肌がカサカサになってきます。この前、ルームメイト27歳とその家族とカジノに行ったとき、そのルームメイトは入口で「ID見せて」と言われてました。私はスルーでした(苦笑)*つい昨年まではID見せてたんです。

授業では、物覚えが格段に悪いです。視力はまだマシですが、そもそも目が悪いのがさらに悪く、いつも一番前の席です。以前に比べて疲れやすいです。なので予定をめーいっぱい入れないように気を付けています。授業もぎりぎりに席に着くことなく、少し前に教室の前に来て待つくらいでちょうど良い感じです。

若作りすることなく加齢と向き合って内面磨くしかないな、覚えの悪さは、コツコツ毎日繰り返すことで身につくようにしないといけないな、と誓いました。先日、誕生日を迎えたので、この先どういう向き合い方を自分自身とするべきなのかなと考えさせられた日々でした。

日本は「若さ」が売りになることが多々ありますが、アメリカはそんなことありません。どの年齢でもいつもみんなキラキラしてます。60代で学生をしている方や、彼氏といつまでもイチャイチャしてる50代。どういう気持ちでどういう過ごし方をしていくか、若かったころには考えなかった気持ちを持つようになったのでなんだか不思議というか、時間って本当に過ぎ去っていくんだと実感した次第です。

話変わって、私のクラスメートはほとんどが10代、20代です。同じ日本人留学生とクラスが一緒になることは今はほとんどありません。なぜならば、専攻に特化した授業を受けている点とESLのクラスを受けていないという点です。ある時、前の時間の授業を受けていた日本人留学生が教授と話をしているのを目の当たりにしました。彼は”Yea” “Yap” “Yeah” “Yeah, yeah, yeah”とすごい気になる返事を教授に対してしていました。聞いてて恥ずかしかったです。きっと友人同士ではこういう返事をするのだと思うのですが、教授に対してする返事じゃない。実はこういう返事や相槌を以前のセメスターで一緒だった日本人留学生もしていました。今は英語を覚えることや授業についていくことに必死なんだと思うけど、英語にも相手に対して丁寧に伝える言葉遣いってあるんだぞ!と知ってもらいたいなって思いました。

一日、一時間、一分も無駄にせず学生生活を送っていきたいと思います!

独り言聞いていただきありがとうございます!