生活

Housingどうしているか。語学学校編

アメリカでは、どういうところに住んでいるのか。気になりますよね。
私の場合は、渡米して語学学校通ってからCollegeへ来ました。
それぞれの場所が離れていたので、住まいは2カ所決めなければなりませんでした。
Housingをどうするか。これ生活する上で大事ですよねー。

語学学校時代のHousing ”Vantaggio Suites”

語学学校はSan Diego Downtownにありました。したがって、
Downtownから徒歩で通学できるHousingを語学学校から紹介してもらいました。
正確には、語学学校と私の間に、留学斡旋業者か仲介してくれたのですが、
この斡旋業者は単なる紹介で、特にピンハネ(笑)されてません。
実際、直接宿泊先へ支払いしました。

Vantaggio Suites

場所:
Little Italy

部屋タイプ:
相部屋又は、個室(small or Large)

価格:
HPで確認ください。
私の場合はシングルルームsmallで$1055/月&
退室時クリーニング代$35季節や込み具合で価格が変わる。

 

ここが私の宿泊先でCollegeに行くまでの間、1か月半住みました。
一人部屋、二人部屋と広い部屋など早目の予約をすれば選択がいろいろありました。
私は一人部屋を選択。
場所はSan DiegoのLittle Italyにあり学校に通うのと、
この辺りで週末を過ごすにはとってもいい場所でした。

週末はマーケットがあったり、オシャレなレストランがあったり、
ハーバーも近く暇することはありません。

もちろんダウンタウンまで徒歩で行けます。トローリーの駅も近くにあり。
宿泊者のほとんどがダウンタウンの学校に通う学生だったように思います。
エリアとしてはおススメです。
ただし、スーパーマーケットが近くにない。セブンイレブンやマーケット、
カフェ、などお店はたくさんあります。

Little Italy