College

専攻どうする?

College入学手続きを日本にいるとき(渡米する4,5か月前)に行い、Major(専攻)を
何にするかあまり考えていませんでした。

というのも、アメリカでは、Majorは入学後に変更することも可能だという点と、
その当時Major を決めきれなかったので、実は、適当に申請しました。

それでも構わないんです!
ただし、遅すぎるのは良くないです。

どうやってMajor を決めるか

私は、入学願書に記載したMajorは「Business General」です。
ようするにビジネス一般で特にこだわったメジャーではありません。
後で変更可能なことも知っていたので、適当です。では、どうやって自分に適したMajorとするかというのは、
学校に通ってから、いろんな人の話や編入するときの話を聞くこと、就職、そして、その分野を自分が好きかどうかなどを考えて決めることです。

実際、学校で、友人や同じ留学生に自分のMajorをどのようにして決めたかというヒアリングもしてみました。

中国からの留学生女の子は聞いた二人ともが「心理学」専攻でした。
日本からの留学生は「ファッション」「アート」「ダンス」など芸術系がなぜか多かったです。
確かにうちの学校はこの分野の授業がなぜか豊富です。
そのほか「ビジネスマーケティング」「シネマ」という留学生もいました。いろいろですね。

現地アメリカ人はというと、「英語」「看護」「生物学」など。
特に看護学はユニフォームを着てている学生をよく見かけます。
実習か何かなのかな?と思いますが、何かしらの看護や勉強をしているは多いと思います。
ドクターを目指している人、緊急救命士を目指している人、英語教師を目指している人、ペンギンの生態を研究したい人など将来がとてもクリアな人が多かったです。

いつまでにMajorを決めるか

早ければ早いほどよいです。

なぜかというと、そのMajorに合わせた授業を取り、自分のEducation Plan を早く決め、
編入先の学校目指してまっすぐ進むことができる。
無駄な授業を取らなくてもよい、という利点があります。
遅ければ、遅いほど、追加で取らなければいけない授業があったりなど、デメリットがあります。

私の場合、実はまだBusiness Generalから変更していません。もうすぐ1年が終わろうとするのに。。
ですが、前期(Fall Semester)の終わりに、カウンセラーのところへ行き、自分のMajorをコンピューターサイエンスに変更希望をしているので、コンピューターサイエンス専攻で自分のEducation Planを考えたいと相談に行きました。
なぜこの時点で変更しなかったのかというと、コンピューターサイエンスが自分に向いているのか、またやり切れるかどうかがわからなかったので、ひとまず、このMajorを検討しているので、この専攻を取るために必要な授業は何なのかというのが知りたかったのです。

Education Planとは

卒業、または編入するまでに必要な単位と授業を明らかにし、プランを作ります。
これがあると、自分が取得しないといけない授業が難なのかがわかります。これは、カウンセラーに相談すると作成してくれます。
この時には、自分が編入したい学校をある程度決めておかないといけません。私はこれも曖昧でした。ただ、候補を4つくらいあげました。

私は前期が始まってすぐ相談にいったところ、その当時のMajorはBusiness Generalだったので、一般教養的な授業をとって2年で希望する学校へ編入プランでした。それが、コンピューターサイエンスに変更してプランを作成すると、

なんと!編入まで3年かかるんです!

ショックでした。もう1年編入までかかるなんて!
しかし、それだけ勉強しないといけない授業があるということです。何せ私は中学の数学からやってますから数学においては、最難関のクラスまで取らないといけないプランです (涙)

Major変更の仕方

簡単です。インターナショナルオフィスへ行き、Major変更申請書に記入するだけです。
そうするとI-20のMajorの箇所を書き換えてくれます。(私の学校の場合)
ただ、私はもうすぐ、日本に帰国するので、I-20をパスポートと一緒に携帯して再入国しないといけないので、一時帰国後に申請をする予定です。

まとめ

Majorは入学してからでも変更可能。

しかし、早ければ早いほどよい。無駄な授業を取らないためにも。

Major変更方法は簡単!インターナショナルオフィスを訪ねよう。

Education Planを作ってもらう!これとっても重要。今後の授業登録の道しるべです。

編入したい学校もMajorと合わせて考えておく。