College

アメリカ留学でonlineクラスを取るのはありか?

私は過去に1度だけ数学のonlineクラスを取りました。そして、この冬休みの間も歴史のクラスを2つ登録しています。アメリカ留学してるのに、onlineクラスを取って、学校に行かずに済むという構図ってどうよ?っとふと思ったので、メリット、デメリットや向き不向きについて考えてみました。

onlineクラスは結構人気なんです。留学生も、地元学生もonlineクラスがとれるのならば、onlineで授業を受けたい。という学生は結構多いです。

onlineクラスを登録(受講)するには条件がある

留学生の場合は、1セメスターで12単位取ることが必須とされています。そして、onlineクラスを受講できるのは、9単位以上のクラスを通学で受講し、それ以上の単位を取るときにonlineが認められています。

この条件を守らないといけません。

onlineクラスの種類

通学して受講するクラスのように、沢山の科目があるわけではありません。受講したいクラスがonlineでは実施しないクラスもあります。
そして、比較的Beginnerのクラス、カレッジに入学したら必須となるクラスがonlineでは多いです。例えば、数学、英語、歴史、アート系など。

人気クラスや人気教授はすぐに満員御礼になってしまいます。

onlineクラスを受講する学生達のメリット、デメリット

留学生と地元学生とで分けて考えてみます。

留学生の場合

正直、アメリカで学生生活送っていて、onlineクラス取るってもったいないなと思います。通学すると、クラスメイトもできるし、もっと英語も学べるし、教授に顔を覚えてもらえるし、規則正しい生活リズムも取りやすいしと、通学するほうが良いこと尽くしと、私は思っています。

メリット

  • 夏休み、冬休みなどの長期休暇時に日本や旅先からでも受講できる
  • 時間の自由が利く

なんといってもこれが一番の魅力ですよね。私が知る限りのほとんどの留学生はこの長期休暇の間にonlineクラスを取っています。

デメリット

  • 受講したいクラスがない
  • 解らない時にすぐに確認できる相手がいない(もちろん教授にメールをすれば確認できますがレスポンスを待たないといけない)
  • クラスメイトと仲良くなるタイミングがない

などが主な点でしょうか。

地元学生の場合

地元学生の声はダントツで、「出来ることなら全てのクラスをonlineで受講したい!」という声が多数です。理由としては、

  • 遠方から通わなくてもよい
  • 学生以外にもすることがある(主婦、仕事しているなど)
  • 忙しい
  • 通学の授業だとスケジュールが合わない

などの声をよく聞きました。

前セメスターのある授業で一緒だったクラスメイトは唯一通学しているクラスが英語だと言っていました。その他のクラスはすべてonlineだそうです。理由としては、フルタイムで仕事をしているので忙しい、だそうです。
以前のクラスメートは人間関係が煩わしいかったり、人前での発表をするのを極力したくない。という人もいました。

コミュニティカレッジは必ずしも、高校卒業後に通う学生ばかりではないですから、自分のペースで勉強したかったり、若すぎる人達と話が合わないという人もいるみたいです。
↑年齢の高い人ありがちなコメントですね。

実際、小学校からホームスクール(家で勉強)で学んでいる人もいるくらいですから、カレッジともなれば、当然の発想と言えば当然なのかもしれません。

ちょっと心配なのは、この学生たちは、社会に出てからうまくコミュニケーション取る能力をもっているのだろうか?とも思ったりします。

onlineクラス不向きな人

これは、私の過去の例をもとに、onlineクラス不向きな人について触れますね。

onlineクラス向きな人は不向きな人の逆だと思ってもらって結構です。

  • タイムマネジメントが苦手

正に私のことです。数学のonlineクラス取った時の実体験ですが、宿題の提出が週1回あるのですが、ギリギリにやってしまうことで間に合わないということが数回ありました。当然宿題の遅延はマイナスポイントです。後でもできる、通学用のクラスの宿題を先にしたい、などの理由で後回しにした挙句に期限までに完了しないという、ちゃんと先を見越したスケジュールを立てられていないというのが原因でした。自分に甘いということも言えるかもしれません。

加えて、Examだけは、学校で受けることになっていたのですが、このクラスは3ExamsとFinal Examで構成されていたのですが、通常のExamsは20問だったのですが、Final Examは30問あったんです!全然時間が足りませんでした!Final Examが30問あるってどこにも書いてなかったし!!!ただ、Examsは時間無制限で受けることができるので、時間に余裕をもって受講するべきだったのですが、このFinal Exam受講の日、私は期限最終日のクラスルームが閉まる2時間前に受講したのです。
余裕をもって受講すべきでした(涙)

  • 英語にまだ自信がない

onlineクラスはプレゼンをしたり、グループワークなどがない分、テキストを読んで自分の意見をレポートする、エッセイを書くなどが多いです。英語に自信がないと添削をしてもらう必要がありますよね。必要ってか、そのほうがベターですよね。ですから、Tutorが稼働していない時に自分の英語力のまま課題提出するのは成績に影響を及ぼす場合があるので、この点の注意が必要です。

私のカレッジの場合は夏休みはTutorが稼働していますが、冬休みはTutorがお休みなので、冬休みの受講は考え物です(笑)

まとめ

私の総評としては夏休みのonlineクラスは大いに結構と思いますが、通常のセメスターでの受講はせっかくアメリカで学生生活を送っているのに勿体ないと思います。クラス内で発言をしたり、プレゼンをしたり、教授に顔を覚えてもらったり、クラスメイトと仲良くなって一緒に宿題をしたりなどなど、そういう学生生活を送りたい!という思いがあるので、可能な限り、通学して授業を受けてアメリカ留学生活を満喫してみるのがいいと思います。