日々徒然

菊池雄星投手を見て思ふ

Dream Come Trueってまさにこのことですね。
今日は、独り言ですが、お付き合いください。
私はメジャーも日本の野球も観るのが大好きなので、今日はその話題。

菊池雄星投手がシアトルマリナーズに入団することとなりました。

記者会見全部見たわけでなく、ニュースを拾って読んだのですが、菊池投手の夢の第一歩が始まったことが、自分の事のように嬉しいなぁ、応援してるよ!と思ったわけで。

何が自分の気持ちをこのようにさせたかというと、彼の入団記者会見で、英語でコミュニケーションを取ったことです。過去に日本からメジャーへ行った選手は話しても自己紹介まででしたから。
ここに来るまでの道のりはきっと平坦ではなかったと思います。
本当は花巻東を卒業してからメジャー入りしたい思いを持っていたけど、西武ライオンズへ入り、そしてこの日を迎えた。

すごく記憶に残る成績を残したとは言い難いけど、昨シーズンが始まる前にメジャー行き宣言をして、その年の成績は本当にビックリした!
本来はこれだけやれる力がある投手で、ライオンズをリーグ優勝に導き、このラスト1年の活躍はすごかった。

15歳のときからコツコツと英語の勉強をして、自分の未来のために頑張ってきた。おこがましいけど、自分の15歳の頃を思い出した。

私は、学校に行くのが好きじゃなくて、自分は何をしたらいいのだろうかと悶々としているころで、その時、友人が住むアメリカミシガン州へ1か月遊びに行ってきた。その時に、自分の行きたい方向が見えたと思った。それには、まず英語を勉強しよう!1年後にまたここアメリカに戻って来よう!誓って、帰国の飛行機に乗ったのでした。

そして、帰国後すぐに学校を辞めて、バイトと英語学習に精を出し、1年後にアメリカの高校へ留学。その時は本当に何にも見向きせず、ただただ、アメリカに行きたい一心でバイトでお金を貯め、英会話教室で英語に取り組んだ。

今でも、アメリカに渡る前のバイトと英語の勉強、そしてアメリカで高校生活を送った日々は私の原動力。

正直、今の自分は何もできてないくせに、過去の栄光というか、過去に頑張った自分に胡坐をかいていると思う。
新しい年も始まったし、ここで、気持ちを入れ替えて、これから作る未来に本気を出していかないと、未来の自分に出会えないと思う。